NIPTを受けたほうがいい人4選☆自分が当てはまるかチェックしてみよう

(本コンテンツは当サイト編集部が調査し制作し、クリニックから送客手数料を受領しています。)

おなかの赤ちゃんに染色体異常の疾患があるか調べられるNIPT。ママと赤ちゃんにリスクなしで安全に調べられ、約99%という高い的中率を誇るため、多くの妊婦さんが出生前診断としてNIPTを選ぶようになっています。とはいえ、日本ではまだ受けたことがない妊婦さんの方が多数派。では、一体どのような方がNIPT受けた方がよいのでしょうか?「NIPTを受けたほうがいい人4選☆」をご紹介します。

その1 35歳以上💁‍♀️である

NIPTおすすめ1

妊婦さんの年齢が35歳を過ぎると、赤ちゃんが染色体異常を持って産まれてくる可能性が高まります。

nipt98
出産時の年齢と染色体異常の子が生まれる確率のグラフ

ですが・・・
実は、ダウン症の赤ちゃんの8割が35歳未満のママから産まれているって知っていましたか?
(※アメリカの国立公衆衛生機関CDCの調べこの数字にはカラクリがあり、そもそも35歳未満で出産するママの方が多数であるということが理由になっています。

ただし、ダウン症の赤ちゃんが産まれるリスクは35歳未満でもゼロではありません。
(※30歳の妊婦さんの赤ちゃんがダウン症のリスクは約1/1000、35歳以上なら 1/338)
NIPTを受けるのは高齢出産のママが多く、35歳未満のママはまだ少ないのが現状です。そのため35歳未満のママは通常の妊婦検診のエコーしか受けておらず、いざ出産したらダウン症だったという場合も…。通常の妊婦検診は、あくまで週数に応じて赤ちゃんが成長しているかを確認するのが目的のため、ダウン症など染色体異常は分からないこともあるのです。

心配な方は35歳未満でもNIPTを検討されてはいかがでしょうか。

その2 染色体異常🧬を持っている OR 気になる疾患😷を持っている

NIPTおすすめ2

NIPTを受けるには、認証施設か非認証施設を選ぶ必要があります。

認証施設日本医学会連合が認証した施設
非認証施設日本医学会連合の認証を受けていない施設

「染色体異常を持っている」というのは認証施設でNIPTを受けるための条件です。
ところが、認証施設ではNIPTで調べる対象の染色体は、3つ(21(ダウン症)、18、13)のみとしているため、当てはまる方は少なくなっており、そもそもご自身が染色体異常を持っているかどうか分からない方も多いのではないでしょうか。

そのような場合は、認証施設ではなく非認証施設でのNIPTがおすすめです。非認証施設のNIPT検査では、もっとたくさんのことがわかります。3つだけではなく、1~22番すべての染色体に加え性染色体の異常まで調べられます。さらに、染色体の数の異常だけではなく部分的に欠けているか…など、もっと細かくわかる検査が世界にはあります。

遺伝子業界の最先端であり、技術が進んでいるEUのNIPT検査会社では、ダウン症の次に多いヌーナン症候群や世界全体で非常に多い新生児難聴の保因状態がわかったり、男性の精子の異常によって起こる赤ちゃんの疾患や障害まで調べられます。

当サイトが全国のNIPTクリニックを調査した結果、おすすめしたいと思ったクリニックは海外の世界最高水準のNIPT検査機関を使用。最も幅広い項目を調べられ、検査の品質が一番高いNIPT検査を行っているクリニックでした。安価で中途半端な検査を行ったとしても検査の範囲外の障害や疾患が見つからなかったら、そのNIPT検査にやる意味はあるのだろうかと私たちは思っています。

当サイトがおすすめするNIPTクリニックは「ミネルバクリニック」です。

その3 痛い検査💣は苦手😱な人

NIPTおすすめ3

出生前診断には、非確定検査・確定検査の2種類があります。
確定検査は、その検査だけで赤ちゃんの健康状態を診断できるというのがメリットです。
デメリットとしては、母体に針をさすなど物理的なダメージやリスクを伴うため、できるなら非確定検査で陽性の疑いが出た場合に受ける検査、というのが妊婦さんや赤ちゃんにとって好ましいでしょう。

検査費用検査内容時期結果まで
非確定検査超音波検査(エコー)5000円超音波で首の後ろのむくみ(NT)を測定妊娠11-13週頃当日
非確定検査クアトロ検査3万円母体の採血のみ妊娠15-17週2週間
非確定検査コンバインド検査5万円超音波検査+血清マーカー検査妊娠11-13週2週間
非確定検査NIPT(出生前診断)20万前後母体の採血のみ妊娠9ー15週1~2週間
確定検査羊水検査10~20万前後専用の注射針を穿刺し、羊水を摂取妊娠16ー18週約4週間
確定検査絨毛検査10~20万前後経腹法または経腟法で絨毛細胞を摂取妊娠11ー14週約2~3週間

NIPTは非確定検査にあたり、ママと赤ちゃんにリスクなしに、高い精度で赤ちゃんの健康状態が調べられるため、まずはじめに受ける出生前診断として選ぶ方も増えています。NIPTより前からある、クアトロ検査でも採血のみで調べられたのですが、陽性的中率が70%程度と低かったため、以前ははじめの検査として羊水検査を受ける方もいました。

羊水検査は、お母さんのお腹に針を刺し羊水を採取して調べる検査です。
おなかに針を刺すので、通常の注射よりも痛いと感じる方も多いようです。また、お腹に針を刺すために0.1〜0.3%とわずかながら、赤ちゃんが流産してしまうリスクもあります。

NIPTはお母さんの血液をとるだけですから、羊水検査よりはハードルはずっと低いです。
痛い検査が苦手な方や、赤ちゃんへのリスクをなるべく避けたい方にはまずNIPTがおすすめです。

その4 一度でもNIPTを受けようか迷ったことがある😞

NIPTおすすめ4

妊娠中はホルモンバランスの変化もあり、何かと気持ちが揺らぎがち。ですが、妊婦さんがマタニティライフをおだやかな気持ちで過ごすことはおなかの赤ちゃんが健康にすくすく成長するのに、とても大切な1つの要素と言われています。

おなかの赤ちゃんの健康状態に少しでも不安な気持ちがあったり、一度NIPTを受けようかな…と迷われたことがある方にはぜひ受検がおすすめです。

知ることでしかできない、赤ちゃんとママにとって最善の選択があります。
事前に必要な医療ケアの整った産院を選ぶこともできますし、中絶という選択肢を選ぶことも決して間違いとはいえません。
もしもおなかの赤ちゃんが生後1年と生きられないような重い障害をもっていたとしたら、産むことだけが正解なのでしょうか。

ハンディのあるお子さんを育てることは、家族や家計にとって大きなチャレンジも伴います。働き方や生活などを変える必要もでてくることでしょう。事前にできる対策をとり、笑顔のマタニティライフを過ごすためにもNIPT受検の検討をしてみてはいかがでしょうか。

★ 編集部推薦⚡のNIPTクリニック🏥

ママと赤ちゃんの人生に関わる大切な検査、NIPT。
国内で一番多くの項目を調べられ、他のクリニックではありえない的中率100%を誇るのは編集部推薦のミネルバクリニックです。その理由は、世界でTOPレベルのNIPT検査機関を日本で唯一用いているから。

国内のNIPT検査機関では「研究用」の検査機器が使われていますが、その精度はたとえ赤ちゃんのDNAが全く含まれていなくても結果が出てしまうというものなのです…。特に妊娠早期の検査では、たとえ「陰性」結果が出たとしても安心するのは難しいでしょう。

「医療用」として承認を受けた、海外のNIPT検査機関を用いているミネルバクリニックで正確な検査を受けましょう。

nipt78

ミネルバクリニックの詳細をみる

👑海外の遺伝子検査機関を用いた的中率100%の検査精度
👑非認証施設にも関わらず、院長が遺伝専門医
👑専門的知識を持った院長による、質の高い遺伝カウンセリング
👑陽性時は、回数無制限・無料で遺伝カウンセリング
👑心理ケアだけでなく、陽性時の費用補償も含め万全なアフターフォロー

という、国内で他にならぶクリニックが見当たらないほどの、患者目線にたったNIPTクリニック。
遺伝専門のクリニックだけあり、国内で最も多くの検査項目を扱っています。

NIPTについて、もっと詳しくお知りになりたい方はコチラ▼の記事もぜひご覧ください。

もっと詳しく
NIPT受けた方がいい人4選

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!